通信講座をまとめて比較

資料請求

食育の資格って簡単?難易度から取得方法まで一気に解説します。

食育を初めて学ぶ人へ

食育の資格とは?

食育の資格取得者はスペシャリスト!

食育の資格取得者は、食や栄養学に関する正しい知識と、健全な食生活を実践する力を持った食育のスペシャリストです。

食育というと子供向けの教育というイメージがありますが、国民全員が食育の学習者であるとされています。

食育の資格取得者は食に関しての知識を活かして、どんな食べ物を食べるべきかアドバイスを行い、食育の普及・推進を担う立場にあります。

食育の資格を取得するには、健康や栄養、食品に関する知識や調理技術が必須となります。

また、アドバイスする立場として、食事のマナーや郷土食、食文化全般にわたる知識も求められます。

食育資格取得者の活躍場所は?

食育の資格取得者が活躍する場所は多岐に渡ります。

食育は子供だけでなく、生涯にわたって行われるものなので、幼児のいる保育園からお年寄りの暮らす老人ホームまで、幅広い分野で活躍できるチャンスがあります。

保育園や幼稚園など教育の現場では、子供達の成長ために食育を実践し、福祉や医療の現場では患者さんの健康管理のための食育を行います。

自宅で料理室を開業したりセミナー講師として働くなど、フリーランスや個人事業主として活躍することもできます。

他にもレストランや居酒屋などの飲食業界で、食育情報を提供したり、メニュー開発に携わることもあります。

もちろん、自分の家族の健康のために、日々栄養バランスの取れた献立を作るなど、食育で学んだ知識を自分の生活に存分に活かすことができます。

特に育ち盛りの子供の健康を考えるのは、親にとって非常に重要なことです。

食育を学び専門的な知識を身につけることによって、子供が様々な食べ物を楽しく食べられるよう、食への関心を高めてあげることができます。

食育の資格取得者は就職・転職にも有利!

食育の知識があれば人と差をつけることができるので、転職する際に自分のアピールポイントとして活用できます。

食育の資格だけでなく、栄養士や管理栄養士、調理師などの資格があれば、より幅広いステージで活躍することができます。

すでに教師や看護師として働いている人であれば、食育の資格を取得することで仕事の幅を広げることができるとともに、キャリアアップを目指して転職する際に有利に働きます。

2005年に「食育基本法」が制定されたことをきっかけに、食育に関する関心が幅広い業界から集まるようになりました。

食は人間にとって欠かせないものなので、食育の知識を持っていると、日々の生活や仕事に存分に活かすことができます。

食育の資格取得方法

食育の資格は民間資格

食育の資格は、『日本能力開発推進委員会(JADP)』や『NPO日本食育インストラクター協会』などという団体が認定する「民間資格」です。

この資格を取得するためには、指定された通信講座を受講して、検定試験を受ける必要があります。

通信講座を学ぶ期間は約4ヶ月です。

通信講座が終了すると、検定試験の受験資格が与えられます。

通信講座を受講せずに、検定試験だけ受けるということはできないので注意しましょう。

試験は主に記述式で出題され自宅で受験できますが、講座で出てきた全範囲が対象となるので、しっかり復習しておく必要があります。

試験が終了したら専用の封筒に入れて送付します。

試験の結果は郵送で送られてきますが、合格者には認定証が届きます。

この試験で70点以上を獲得できれば、晴れて「食育の資格」が取得できます。

通信講座で学ぶ内容

通信講座で学ぶ内容は、まず最初に基礎編から始まります。

基礎編では食料問題や環境、医食や薬効、伝統・郷土料理などを学び、次に栄養学や主な食品265種類、人体の消化吸収について学びます。

最後は食育活動という社会的な側面まで学習します。

通信講座では基礎の基礎から学べる内容となっているため、これまで食育について勉強したことがない人でも安心して学べる内容となっています。

テキストとDVDによって学習を行い、定期的にテストを郵送することになります。

定期テストの結果は資格取得とは関係ありませんが、成績が悪いと検定試験で良い結果を残せない可能性もあるので注意が必要です。

食育の資格はすぐに活かせる内容が多いので、普段の生活にすぐに取り入れることができます。

ただ、食育の資格を取得したからといって、すぐに仕事に結びつくわけではありません。

資格を取得することによって仕事の幅を広げたり、アドバイスをすることは可能です。

食育関連の仕事に転職したいのであれば、食育の資格だけでなく栄養士などの上位資格を取得して、ステップアップを目指す必要が出てきます。

食育資格の難易度

実際の難易度は?

食育に関する資格は数多く存在しますが、その中でも難易度が最も低いのが食育の資格です。

食育の資格には食育に関する幅広い知識が求められますが、自宅で試験が受けられるため子育て中の女性も受験が可能です。

試験中はテキストを見ながら解答できますが、アレルギー品目や調理方法、栄養学全般にいたるまで試験範囲が多岐にわたるので、最初からテキスト頼みだと痛い目を見るかもしれません。

身体生理など専門的な領域も範囲に入るため、きちんと復習しておく必要があります。

テキストの中から答えを見つけるだけでも大変なので、適当にやっていては受からないという自覚を持つことが大事です。

試験の合格率は発表されていませんが、普段からきちんと勉強していれば、まず落ちることはありません。

逆に時間と費用さえ用意することができれば、誰でも取得しやすい資格だと言えます。

ただ、通信講座が終了するまでにある程度時間がかかるので、すぐに資格が取得できるというわけではありません。

栄養士と比べると取得しやすい

同じ食に関する資格に「栄養士」がありますが、栄養士は国家資格です。

栄養士になるには栄養士養成施設を卒業する必要があるため、誰でも簡単に取得できるわけではありません。

その点、食育の資格が比較的容易に取れるため、社会人でも取得可能です。

子育てに食育の知識を活かしたいというのであれば、食育の資格だけでも十分です。

食育資格は、食育について学ぶ第一歩の資格として非常に利用しやすいでしょう。

食育資格に関して興味のある方は、受講の申し込みをする前に、まずは資料請求をしてみて、自分に合うかどうか確認することをオススメしています。

まずは『無料』の資料請求から

もし講座を受講してみようと迷っているのであれば、すぐに申し込みをせずに、まずは資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

資料請求だけなら無料でできるので、その講座が自分に合うかどうか確認してからでも遅くはありません。

『あなたに合うか合わないか』を確認する方法として、希望の講座を資料請求して検討することをオススメしています。

資料請求して比較する