通信講座をまとめて比較

資料請求

食育メニュープランナー養成講座について学べる内容を紹介します

食育資格

食育メニュープランナーの講座内容は?

講座内容

食育メニュープランナー養成講座の講座内容ですが、基本的には主に一汁三菜を基本に、食の知識やバランスの良い献立の立て方などを学んでいく事になります。

栄養学はもちろん、食文化に関しての知識を学ぶ事も重要です。

こういった食べ物に関する、ありとあらゆる事を学ぶのが食育メニュープランナー養成講座です。

知識だけでなく、朝食に相応しいレシピやバランスを考えた調理法など、料理に関するテクニックを学ぶ事もできます。

講座というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、食育メニュープランナー養成講座は食べる事の大切さや楽しさを学べる講座です。

食べ物の選び方や食べ方、調理法など普段の生活に役立つ事も学べるので主婦の方にも人気があります。

教材について

また、テキストが充実しているというのも、初心者の方には嬉しいポイントです。

A4サイズのオールカラーのテキストで、写真やイラストで分かりやすく解説されています。

勉強しているというよりは、楽しい本を読みながら学べるという感じなので、飽きっぽい方にもおすすめです。

通信学習で学べるので忙しい方も安心。専任の子牛が、課題レポートを丁寧に添削してくれます。

食育メニュープランナーの学習 6ステップ

1.食による身体の影響を学ぶ

学習の進め方ですが、まずは食べたものが私達の身体にどういった影響を与えているのかを学びます。

身体の仕組みをしっかりと理解しておく事も、食育メニュープランナーには大切な事です。

身体の仕組みを理解できれば、どうすればバランス良く栄養素が摂取できるかも学びやすくなります。

実践課題レポートも用意されていて、家族構成に合わせた一汁三菜の献立を作ります。

ただ美味しいだけでなく、食材の栄養素はもちろん、季節感も意識して作る課題です。

2.食べ方を考える

次は作った献立をどうやって食べるかを学びます。

同じメニューであっても、食べ方によって身体への影響は変わってきます。

身体の大きさや年齢に合わせて、最適な食べ方をここで学んでおきましょう。

正しい食べ方を身につける事で、体調不良が改善される事もあるんですよ。

3.食育メニューを考える

実践課題レポートでは、カフェレストランでランチメニューとして出す事を想定して、メニューを提案します。

ここまでで学んできた事を活かし、次は食育メニューの作り方を学んでいきます。

これまでの知識をベースにして、一汁一菜の献立作りを実践。

色々な知識を学んだという事で、前とは違った一汁一菜の献立が作れるようになっているでしょう。

色々なアレンジ力を身につければ、料理はもっと楽しくなります。

ここでは、どういった人に作るかを考えて、性別や年齢、体調などに合わせたお弁当作りにチャレンジです。

4.食べ物の大切さを学ぶ

料理を作る事だけでなく、食材の大切さについても学びます。

消費期限や賞味期限について、詳しく学んでいきましょう。

今まで何となく考えていた食材の期限について深く理解する事で、食材ロスを身につける事ができますよ。

5.伝統的な食を学ぶ

また、薬膳に関しての知識や、古くから伝わる郷土料理についても講座では学んでいきます。

どんな土地にどういった郷土料理があるのかなどを学び、それを他の人に伝えるというのも食育メニュープランナーの重要な役割です。

様々な行事を設定し、演出も考えながら適した料理プランを考える実践課題があります。

6.レポートを提出して、資格取得

こういった様々な学習をし、全てのレポートを提出すると評価が出されます。

ABCDまで評価があり、C評価以上を獲得できれば食育メニュープランナーの認定証が発行されます。

資格を取得すると、様々なサポート特典もついてきますよ。

食育メニュープランナーはどこで活躍できる?

食育メニュープランナーの活躍の場は色々ありますが、中でも特に活躍できるのが日常生活です。

他の専門的なスキルと違い、日常生活にも活かしやすいというのも魅力ですね。

食生活の乱れを改善し、自分自身の健康はもちろん一緒に暮らしている家族の健康状態の改善にも役立ちます。

また、季節に合わせて色々なメニューを考えたり、家族の健康状態に合わせて健康的な食事を提供できます。

これも食育メニュープランナーの重要な役割です。

身近な人達の食を豊かにする食育メニュープランナーは、身近にある色々な場所で活躍できます。

食育メニュープランナー養成講座