通信講座をまとめて比較

資料請求

食育インスタラクター講座の口コミと6つの特徴を詳しくご紹介

食育資格

講座内容は?

食育インストラクターの概要

食育インストラクター養成講座は、食材選びから食事のマナーまで、食生活のあらゆるシーンで役立つ食育実践法を、幅広く短期間で学べる通信教育講座です。

そして、食育の第一人者である服部幸應先生が理事長に就く、NPO日本食育インストラクター協会が認定する資格です。

標準的な学習スケジュールは6ヶ月間で、写真やイラストの充実したテキストの他、ドラマ仕立てで理解しやすいDVD教材を使用して、効率的に講義を進めていきます。

講座内容は?

具体的な講座内容としては、まず1ヶ月目に食育の基礎知識を学びます。

ここでは日本の食生活の実態や、その重要性についてしっかりと把握します。

2ヶ月目と3ヶ月目には、野菜や穀類をはじめ魚介類や肉類など食材全般について、その選び方から調理のコツまでマスターします。

4ヶ月目になると少し視点を広げ、食習慣やマナーさらには食と心の関係などを学びます。

続く5ヶ月目で学ぶのは、エコロジーについてです。

世界の食料事情や環境問題を交えながら、外国の輸入に頼る日本の食料事情を学習します。

そして最後の6ヶ月目で、いよいよ最終課題に取り組みます。

この課題をクリアーさえすれば、念願の食育インストラクター資格を取得することができます。

食育インストラクター講座を学ぶメリット

食育インストラクターは、調理はもちろん健康分野から教育分野まで、食に関する幅広いシーンでも活用できるので、学ぶメリットは十分あります。

例えば、主婦の方が家庭で毎日の料理を作る際に便利ですし、学校や幼稚園といった教育機関で、食育の指導者を目指す場合にも役立てることができます。

あるいは、病院や介護施設などで既に調理や栄養などの部署にいる方が、さらに職域のバリエーションを広げたい時にも最適かもしれません。

いずれにしても食に関する領域は広いので、どのようなシーンでも幅広く柔軟に活かせるのが、この資格の魅力でありメリットと言えるでしょう。

家庭の食卓や地域の活動、さらには就職や転職で履歴書への資格記入をする際にも、食育インストラクターの資格が目的に向けて、大いにアシストしてくれるにちがいありません。

食育インストラクター講座の特徴

【特徴1】服部幸應先生が指導・監修

まず1つ目の特徴は、食育の第一人者である服部幸應先生が指導および監修を担当していること。

先生は長年に渡って食育の必要性を説くだけではなく、国の食育基本法の成立へも大きく影響を及ぼしました。

そんな先生の食育への情熱や、食育基本法の精神を反映した、本格的な講座内容に仕上がっています。

【特徴2】食分野で実績のある認定資格

2つ目の特徴は、服部幸應先生が理事長も務める、NPO日本食育インストラクター協会が資格を認定することです。

食育分野でも信頼と実績のある団体の認定資格なので、講座終了後に食育の知識や技能を様々なシーンで証明したい際には、大きな力を発揮してくれることでしょう。

【特徴3】在宅で学べる通信講座

3つ目の特徴は、自宅に居ながらにして、いつでも好きな時に学べる通信講座ということです。

例えば、家事や育児の合間に細かく地道に学んでもいいですし、仕事のない休養日などに集中して受講することも可能です。

自分のライフスタイルに柔軟に合わせながら、安全安心な食材の見分け方や上手な保存方法、あるいは子どもの健やかな成長に役立つ食習慣やマナーなど、食に関する豊富な知識を自宅でマスターできます。

【特徴4】教材が使いやすい

続いて4つ目は、教材がビジュアル的に優れており、楽しみながらスピーディに学べる点です。

テキストはイラストや写真が豊富な上、DVDも調理例が満載なので、直ぐに家庭で実践できる仕組みになっています。

もちろん教材の監修は服部幸應先生が行っており、信頼性も抜群です。

【特徴5】専門講師によるアドバイス

さらに5つ目は、全6回におよぶ講座内の課題ごとに、専門講師による添削やアドバイス、さらには励ましなどのコメントが加わることです。

しっかりと知識が身についているのか確認できる上、温かい励ましの言葉によってモチベーションも高まります。

【特徴6】無料で受講期間を延長できる

最後に6つ目の特徴は、無料で受講期間を延長できることです。

この講座の標準期間は6ヶ月ですが、万が一それが過ぎても、さらに6ヶ月間を無料で延長することができます。

これならば、日頃から何かと忙しく、なかなかスケジュールを空けられない方でも、安心してマイペースで講座を進めることが可能です。

食育インストラクター講座の口コミ

結婚を意識して受講

結婚を控え、将来の家族のために“健康的で美味しい食事を作ってあげたい”と考えるようになったことが受講のきっかけです。

服部先生出演のDVDがとてもわかりやすく、食材の選び方や、栄養素を効率よく摂取するための調理法など、実生活で役に立つことを学べたのが嬉しかったですね。

修了後の現在は、学んだことを家族の健康管理に役立てています。

キャリアアップのために受講

以前は食関係の仕事についていたのですが、子供が幼稚園に入ったことをきっかけに休職し、その間のキャリアアップにと食育インストラクター養成講座を受講しました。

娘にとって、母が机に向かって勉強する姿はとても新鮮だったようで、娘のワークの隣で勉強したりしてお互い刺激になり、一緒に勉強の時間を持つことができたのがよかったです。

食育インストラクター講座 受講者の声

食に対する知識、思いを周りの人たちに伝えたいです!

大阪府 29歳 女性

もともと料理が好きで、仕事も食に関するところばかりで働いていました。

それもあって、食材の特徴や旬の時期、調理法などは結構知っていたのですが、食材の栄養素をもっと知りたいなと思っていた頃にこの講座を知って、まさにコレだ!と思いました。

私が学びたかった食材の栄養面だけでなく、マナーやエコロジーについても学べるところがとても魅力でした。

主婦にとっては、家族の健康を守ることや食文化の継承、しつけエコも大事な仕事です。

それらの知識を、この講座で沢山習得できたので受講して良かったです。

今までより自信を持って食に関わることができています。講座の中で最も考えさせられたのはエコロジーでした。

一つの食材にどれだけの資源が使われ、人の手がかかっているのか…。

どれだけ食材をムダにしてきたかを思うと胸が痛みました。

食材を大切にし感謝の気持ちを忘れることなく、心も体も健康であることが目標です。

皆さんもぜひ、この講座を受講してみてください。主婦にも役立つ知識がいっぱいでおすすめです。

お客様からの質問に幅広く対応できるようになりました!

和歌山 52歳 女性

スーパーで日替わりメニューやオリジナルメニューを実演調理で提案するクッキングサポーターをしています。

調理だけではなく、お客様とのコミュニケーションの中で「健康診断でこんな結果が出たけど何を食べればいい?」「子どもが魚ぎらいはどうしたら直るの?」といったアドバイスを求められることも多く、すでに取っていた調理師免許以外のスキルアップをしたくて講座を受講しました。

多くの情報や知識を得ることができたことで仕事の内容にも幅ができました!

今おかれている家庭の食の事情を改めて知り、これからはもう一歩踏み出して行動しようと感じています。

そのためにも、これからも知識を活かしたりスキルアップをしていきたいです。

子どもの食習慣が改善できました!

山形県 33歳 女性

私は12年間幼稚園の先生をしてきました。

今は子育てをしながら、家業である農業を手伝っています。

うちの子は食に関して全く興味がなく困っていました。

長く同じ年頃の子ども達を見てきましたが「こんなにも食べない子どもはいなかった」と悩む日々でした。

「三つ子の魂百まで」と言われますが、もうすぐ4歳になるうちの子はもう遅いのではないかという焦りもありました。

そんな時にこの講座のことを知りました。

テキストを読んでみると目からウロコ!

お行儀やお箸の持ち方を気にかけるあまり、一番大切な「食事は楽しい」という気持ちを忘れていた事に気づいたんです。

それ以来、お外遊びで喉が渇いたら、畑に連れて行ってトマトやきゅうりを取って食べたり、一緒に買い物に行って材料を選んだりと楽しみながら食につなげていくようにしています。

そのかいあって、今では食べる楽しみを感じながら一緒に座って食べるようになりました。

これからは、幼稚園での経験と食育インストラクターとしての知識を活かしながら、農業の体験を通して多くの子どもたちに食育の大切さを伝えていきたいです。

もう一つの目標は、自分でつくった農産物でフリーマーケットに出展して、生産者と消費者の交流の場をつくることです。

その時には、食育インストラクターの認定カードを首にかけていたいです。

食育につながるキッチンプランを提案していきたい!

東京 55歳 女性

キッチンを中心とした事業を広げるクリナップでは「心豊かな食・住文化を作る」という理念があるように、キッチンは私たちの生活の中で食と住の両方が重なる場所です。

心のこもったものをつくり、食べ、そして語らい、過ごすことが家庭を実感するひとときと考えております。

食の安心や安全が求められる時代であるからこそ、食を真正面から考えることが必要ではないかと思い受講することに決めました。

どのテキストも興味深く、楽しく学びつつ、しっかり手料理を作って「こしょく」にしない環境づくりが大切なのだと再確認することができました。

お客様の家族構成や環境の背景を想像しながら「食育」を考えていただけるようなキッチンプランをご提案できる、大変役立つ知識が身についたと思っています。

料理を作るだけのキッチンではない、「食」そのものに向き合い、食の周辺まで考えながら、ショールームアドバイザーとして食育の大切さを伝えていければと思います。

資料請求はこちら